みわ眼科 岐阜市春近古市場 眼科

緑内障について

緑内障とは?

 様々な原因により視神経が障害され、特徴的な視野欠損を生じる病気です。放置しますと視野欠損が進行し、さらには視力低下を引き起こし、最終的には失明に至ります。一度視神経が障害され視野欠損が生じると、二度と戻らないので、まだ見えている間に治療を開始する事がとても大切です。


 

緑内障の原因は?

 目は水風船の様に、目の中で水(房水)が作られ、目の端にある隅角から出ていきます。その出口になんからの障害があると眼圧が上昇し、緑内障になると言われていました。その障害の原因が、隅角が狭くなることによって水の通過障害が生じる「閉塞隅角緑内障」と、隅角が広くても生じる「開放隅角緑内障」に大きく分類されます。
 日本人で最も多いと言われているのが、「開放隅角緑内障」の中でも眼圧が正常で緑内障が発症する「正常眼圧緑内障」のタイプです。他には他の疾患が原因の「続発性緑内障」、隅角が狭くゆっくり進行する「慢性閉塞隅角緑内障」、隅角が急に閉塞する「急性閉塞隅角緑内障」などがあります。
 遺伝や、喫煙などの生活習慣が原因になる場合もあります。気になる方は、1日で精密検査が可能な当院への受診をお勧めいたします。


 

緑内障の治療は?

 原因により様々な治療方法がございます。
「正常眼圧緑内障」では点眼で眼圧をさらに低下させ、緑内障の進行を緩める方法を用いることが多いです。当院では最新の点眼も院内に常備しており、すぐお渡しすることが可能です。
「閉塞隅角緑内障」では、点眼治療を行うこともあります。状況に応じては、レーザー治療や手術を行うこともございます。当院では緊急のレーザー、手術にも対応しておりますので、すぐ治療が可能です。
 いずれにしても、専門医の診察・診断に基づき治療を行い、継続することがとても大切です。中には症状が変わらないからと言って、途中で点眼を止めて放置されてしまう方がみえますが、それだけは絶対に避けてください。症状が変わらないように点眼しているのですから。悪化してから眼科受診しても、手遅れであることがほとんどです。
 

内服薬と緑内障

 よく風邪薬などに「緑内障の方は飲まないでください。」と記載があります。
これは内服することによって、閉塞隅角緑内障が悪化する可能性があるからです。開放隅角緑内障では内服していただいても問題ございません。自己判断で内服するのではなく、一度担当医に確認していただくことが一番安全かと思います。