みわ眼科 岐阜市春近古市場 眼科

白内障について

白内障とは?

 白内障とは、虹彩(いわゆる茶目)のうしろにある水晶体(カメラのレンズに相当するもの)が白く濁ってくる病気です。濁りが増すにつれて視力が少しずつ低下していき、メガネをかけても見えにくくなります。
 その汚れによっては、視力は保たれるけど色合いが変化するもの、眩しく見えるものなど、様々なタイプがあります。
 それ以外に緑内障など他の疾患を引き起こし失明するタイプの白内障もありますので、気になる方は早めの眼科受診、定期診察が大切です。
 また、白内障の進行具合は人それぞれです。比較的早く進行する方もみえますし、ゆっくりしか進行しない方もみえます。


 

治療方法は?

 主に、点眼による治療と、手術による治療がございます。点眼薬は進行をゆっくりするのみで、改善するわけではありません。
 初期の軽い白内障でしたら点眼薬で様子をみて、進行して見えにくくなり、不自由が出てきたら手術に踏み切るタイミングです。当院では慎重に手術適応を選択しており、患者様と十分お話をして、納得いただき、手術をするかどうかを決めております。
 手術は眼だけの局所麻酔で行います。点眼で麻酔をして、10分程度の時間で終わります。2~3mmの小さな切開創から白く濁った水晶体(レンズ)を除去し、透明な人工レンズを入れます。濁りを取り除き、透明なレンズを入れるので、明るくみえます。当院採用の人工レンズは、紫外線カット機能もある着色レンズですので、術後もより自然な見え方を実現しています。
 当院では、特殊な照明が付属している特殊な手術用顕微鏡を用いております。患者様へ照射する光量を可能な限り低下させ、患者様の眼の負担を少なく、より安全に、より早く手術を終わらせることができます。
 

診察はお早めに

 白内障自体は特殊な状態を除き、心配される病気ではありません。
ですが、他の疾患を引き起こす場合や、視力低下が他の疾患の場合もございますので、できるだけ早く眼科医の診察を受けられることをおすすめいたします。

多焦点眼内レンズを用いる白内障手術実施可能な先進医療認定施設

平成30年1月から多焦点眼内レンズを取り扱う先進医療実施医療機関として厚生労働省に認可されました。
老眼矯正の多焦点眼内レンズ手術も多数行っており、患者様から喜びの声もいただいております。
ご希望の方はスタッフまでお気軽にお尋ねください。

患者様の声

<単焦点眼内レンズを挿入された方>

・かすんだ世の中が明るくなりました。手術をしてもらい、良かったと思います。(84歳、男性)

・よく見えるようになり、ありがたい(65歳、女性)

・大変よく見えるようになり満足しています。もっと早くやれば良かったと思いました。(66歳

男性)

・人生観が変わる程、世の中が明るく感じている。(56歳、男性)

・先生が色々説明してくださるので、安心しました。(70歳、女性)

 

<多焦点眼内レンズを挿入された方>

・裸眼で運転もできるし、化粧もメガネなしでできるので、とても便利です。(67歳、女性)

・遠近の見え方に不安がありましたが、自然にみえるので良かった。(67歳、女性)

・今まで強い近眼でメガネを一日中かけていましたが、今はメガネなしで運転もできますし、老眼鏡もなしで仕事の書類も見れます。サングラスをかけてドライブするのが夢でしたが、これで夢も叶いそうです。(61歳、男性)

 

※患者様の許可を得て掲載しております。個人的な感想ですので、手術結果を保証するものではありません。